ADHD

ADHDの人がバイトでミスが多い理由とは?5つの対策とあわせて説明します!

ADHDバイトミス

この記事では、ADHDの人がバイトでミスが多い理由について紹介します

ADHDの人は、バイト先で怒られる場面が多々あります。「またミスしたのか」と言われ続け、自信喪失なんて事も…。

自分では一生懸命やっているのにうまくいきません。

自分がなぜミスが多いのかを知ることが大切です。そして、記事の後半では、対応策を5つ紹介します。

この記事を読めば、ミスを減らして楽しいアルバイト生活が送れます!

是非自分に当てはまるか想像しながら読んでください!

 

この記事を書いている人

臨床心理士。現在メンタルクリニック及びカウンセリングルーム室長として勤務。スクールカウンセラーや児童福祉施設にてサポート経験あり。年間1200件以上のカウンセリングでは、発達障害者の支援には定評あり。

 

ADHDの人がバイトでミスするのは、3つの特徴が関係しています

 

不注意:集中が出来ず、忘れ物が多くなる

多動性:じっとしていられず、落ち着かない

衝動性:思いついたらダメと分かっても止められない

 

ADHDの人がミスに繋がりやすい、3つの特性があります

それぞれの特性が、仕事先のミスに繋がりやすい理由を解説していきます。

 

ADHDの人がミスする理由①:集中が出来ない/忘れ物(不注意)

 

集中力を維持するのが難しいので、単調な仕事や根気のいる課題は苦手。

長い時間集中できません。

まわりの音や景色などが気になってしまい、注意が削がれやすくなります。

 

目の前の仕事に集中できず、ミスが増える

最後まで仕事を終わらせることが出来ない

約束やルールなどを忘れてしまう

職場に遅刻する

ぼーっとして話を聞いていない

 

逆に、興味ある時には集中力が一気に高まります(過集中)

逆に集中しすぎて、まわりの状況が見えなくなります。

「周りの状況を見ようよ」などと言われてしまうなんてことも。

 

ADHDの人は、集中力をコントロールするのが難しいことでミスが増えます。

 

ADHDの人がミスする理由②:落ち着かない(多動性)

じっとすることが出来ず、無意識に体を動かしてしまいます。

静かにしなければいけない場面でもおしゃべりが止まりません。

身体はもちろん、頭の中も常に活動的な状態が続きます。

 

しゃべりすぎる(うるさい)

余計なことに首を突っ込む

静かな雰囲気を壊してしまう

ひとつのことにじっくりと取り組めない

空想に気を取られ、目の前のことが出来ない

 

比較的大人になると、多動は落ち着いてくると言われています。

しかし、目に見える行動は減ってきますが、頭の中の多動は収まりにくい傾向があります。

ずっと音楽が頭の中を流れていたり、アイディアが止まらないなんてことも。

 

周囲から注意をされることもありますし、ミスにもつながります。

 

ADHDの人がミスする理由③:思いついたら止められない(衝動性)

ADHDの人は、行動派。

思いついたらわき目も降らずに実行します。

優先順位や周囲の状況は目に入らないので、ルールを破ってしまう時も。

 

ルールを分かっているのですが、止められません

 

結果ミスに繋がったり、怒られてしまいます。

 

つい手が出てしまう(喧嘩になる)

自分のやるべきことが後回しになる

順番が守れない

危険な事も平気でやってしまう

人の話が入ってこない

 

個人活動であれば、行動力は必要です。

しかし、集団でひとつのことをやる時には、場を乱してしまいがち。

「おいおい空気を読めよ。」なんて言われることも。

自分のフラストレーションをためておけず、つい暴言を吐いたり、喧嘩に発展してしまうこともあります。

 

ルールを守らずに猛進した結果、ミスが出てしまうこともあります。

 

では、ADHDの人がミスを減らすにはどうしたらよいでしょうか?

 

ADHDの人がバイトでミスを減らす5つの対策

 

ADHDの人がミスを減らす対策①:シングルタスクでこなす

ADHDの人がミスを減らす対策②:自分のマニュアルを作る

ADHDの人がミスを減らす対策③:自分の特性を知ってもらおう

ADHDの人がミスを減らす対策④:イライラしたらクールダウン

ADHDの人がミスを減らす対策⑤:自分に合ったバイト先をみつける

 

ADHDの人が起こしやすいミスを5つの方法で対策してみましょう

 

ADHDの人がミスを減らす対策①:シングルタスクでこなす

ADHDの人は、同時に2つのことをするのが苦手です。

2つのことが気になり、1つに集中が出来なくなります。

その為、本来出来るはずのことも失敗に繋がってしまうなんてことも。

 

マルチタスクを行わず、シングルタスクにしましょう

 

シングルタスクとは、ひとつずつ作業をこなしていく方法です。

AをやりながらBもやるではなく、Aが終わってからBを始めるイメージです。

同時処理の方が効率が良さそうですが、実際にはシングルタスクの方が効率的(または変わらない)という研究結果もあります。

ADHDの人は、ひとつに絞って作業する意識を持ちましょう。

 

ADHDの人がミスを減らす対策②:自分のマニュアルを作る

ADHDの人は、どうしてもやり方を忘れてしまいがち。

特に口頭で言われたような内容は、頭に残りにくいでしょう。

その背景には、ワーキングメモリーと呼ばれる能力が関係しています。

ワーキングメモリーは、一定の情報を頭の中に置いておきながら、情報処理をする力です。ワーキングメモリーが低いと、頭の中の情報が残りにくいし、うまく使いこなせません。

 

その為に、自分に合ったマニュアルがあると便利です。

マニュアルは、忘れた時にもう一回振り返ることが出来ます

周りに聞かなくても、マニュアルを見返せば、思い出せるでしょう。

 

会社から渡されるマニュアルも良いのですが、自分用にマニュアルを作ってみるのもひとつ

自分が分かりやすい書き方や順番などで作成できます。

文字だけじゃなくて、図や写真(スマホで撮っておく)など、視覚的に分かりやすいものが効果的です。

頭の整理にもつながります

最初は時間がかかりますが、オリジナルマニュアルを作ってみましょう。

 

ADHDの人がミスを減らす対策③:自分の特性を知ってもらおう

まわりの人に、あなたの人となりを知っておいてもらうのは大切です。

なぜなら、分かっていれば、困っている時にフォローがしやすくなるからです。

過剰な期待をかけられなくなるってメリットも。

ミスが起こりやすい状況は、繰り返されます。

その為、なぜうまくいかないのかを知っておく必要があります。

 

「人が並んでしまうとパニックになって、計算を間違えてしまいます。」

「オーダーが多くなると、最初に言われたことを忘れてしまいます。」

 

困っている状況を伝えつつ、希望する対応策も提案しましょう

 

「レジに人が並んできた時には、ヘルプを要請してもよろしいでしょうか?」

「オーダーを取るときに、時間はかかりますが、ひとつひとつメモを書いてもよろしいですか?」

 

具体的な提案の方が、職場のスタッフも助かります。

少しずつ自分の苦手なことを相談しながら、特性を知ってもらいましょう。

 

ADHDの人がミスを減らす対策④:イライラしたらクールダウン

ADHDの人は、気持ちが落ち着かないと、一気にパフォーマンスが下がります

気持ちの切り替えが苦手なので、ネガティブな感情をこらえるのに必死。

他のことが考えられなくなります。

 

感情がザワザワしてきたら、上司に相談をしましょう

 

まずは、モヤモヤしていることの解決ではなく、落ち着くことを優先します。

人によっては、他の人が入ってこない個室を利用する方もいます。

一人静かな空間で、深呼吸を5分。

気持ちを落ち着かせてからの方が、その後のパフォーマンスもよくなるでしょう。

大好きなアイドルを思い出したり、好きな音楽を聴くなど、自分なりのリラックス方法をいくつか持っていると安心ですね。

 

ADHDの人がミスを減らす対策⑤:自分に合ったバイト先をみつける

ミスがあまりに多いようなら、バイトを変えてしまうのもひとつ

自分に合ったバイト先を探してみましょう。

不注意の問題がある方などは、同時処理が求められるコンビニや飲食店(居酒屋など)は、かなり苦労します。

会計レジだけを担当するなんて、難しそうですしね。

自分の課題と職場の環境がミスマッチしている可能性があります。

 

いつも怒られる環境は、あなたの自信を失わせ、気分も滅入ってしまいます。怒られる状況を改善するのもひとつですが、自分に合った職種や場所などを探し、悪い環境から飛び立ちましょう!

 

ADHDの人におすすめのバイト先なら、こちらの記事を参照してください。

ADHDおすすめバイト
ADHDの人におすすめのバイトとは?厳選した5つの職種を臨床心理士が紹介!

この記事では、ADHDの人におすすめのバイトを紹介します。 ADHDの人は、バイト先で怒られることが多くあります。「おそい」「また失敗した」「何で覚えられない」と注意され続け、自信を無くしてしまった方 ...

続きを見る

ADHDの人がバイトでミスが多い理由のまとめ

ADHDバイトミスまとめ

ADHDの人がバイトでミスをする3つの理由について紹介しました。

不注意:集中が出来ず、忘れ物が多くなる

多動性:じっとしていられず、落ち着かない

衝動性:思いついたらダメと分かっても止められない

 

バイトのミスを防ぐ5つの対応策はこちら。

ADHDの人がミスを減らす対策①:シングルタスクでこなす

ADHDの人がミスを減らす対策②:自分のマニュアルを作る

ADHDの人がミスを減らす対策③:自分の特性を知ってもらおう

ADHDの人がミスを減らす対策④:イライラしたらクールダウン

ADHDの人がミスを減らす対策⑤:自分に合ったバイト先をみつける

 

バイトでミスばかり続くと、仕事に行きたくなくなりますよね。

せっかく頑張ろうと思っていても、徐々に仕事へのモチベーションも減ってしまいます。

この記事で書かれていた対策を参考にして、今日からアルバイトに生かしてもらえたら幸いです

 

こちらの記事では、効果的なコミュニケーション方法を紹介しています。

DESC法を使ってバイトの悩みを解決!よくある場面を臨床心理士が解説!

悩んでる人今働いているアルバイト。結構しんどいんです。人間関係も難しいし、シフトだって希望通りに入れない。もう辞めようかなって考えています。どうしたらいいでしょうか?   バイトの悩みって尽きないです ...

続きを見る

-ADHD

© 2022 三杉達也メンタル研究所 Powered by AFFINGER5