ADHD

atGPジョブトレの口コミ評判とは?メリット・デメリットやおすすめの人も紹介!

atGPジョブトレ口コミ

こちらの記事では、atGPジョブトレの口コミ評判についてお伝えします。

結論、atGPジョブトレは多くの利用者が良い口コミをしていることが分かりました。

atGPジョブトレを実際に利用した方の口コミや評判をひとつずつ紹介しますので最後まで確認してください。

すぐにatGPジョブトレを体験してみたい方は、見学会の予約がおすすめです。

オンライン見学会も可能ですので、公式から申し込みをしてみましょう!

 

目次

atGPジョブトレを利用した人の悪い口コミ評判を紹介します!

atGPジョブトレを利用した人の悪い口コミを5つ紹介します。

atGPジョブトレにはネガティブなコメントがあるのも事実です。

ひとつずつ見ていきましょう。

悪い口コミ評判①:スタッフのフォローが少ない

数年前に通っていました。利用者の数が多く、積極的にスタッフに関わっていかないとフォローは薄いです。就労支援を受けるには出席日数が安定しないとダメなのですが、私は安定しても「まだ心配だから」と具体的な理由もなく支援をなかなか受けられませんでした。GoogleMap

スタッフの方に積極的に関わらないと、フォローが少ないと感じられたようです。

自分から関わるのが苦手な人は、最初は勇気が必要かもしれませんね。

悪い口コミ評判②:電話で断られた

体験の日付も決まっていたのに後から電話でお断りされました。パニック障害の発作に対応できる設備が無いそうです。医者に働ける状態だと言われていると何度言っても聞く耳持たず。挙句バックするという言葉の意味を聞いたら共有するとお答えになりました。共有はシェアです。信用ができません。こちらではお断りされましたが、現在他の就労移行支援施設で問題なく通所しています。断られたのは5カ所中ここだけです。GoogleMap

atGPジョブトレは、利用者の症状によって対応に限界があるようです。

障害や病気が重複する方もいらっしゃいます。

自分が通うことが出来るのかを事前確認しておくことは大切ですね。

悪い口コミ評判③:障害を受け入れてもらえなかった

障害を分かってもらえなくて悲しかったです。途中で退所した人がすごく多くて、どの障害でも受け入れると書いてあったけど絞られた人しかダメでした。GoogleMap

障害を受け入れて貰えなかったようです。

障害を含めた自分を受け入れて貰えないと感じると、通うのもツラいかもしれませんね。

悪い口コミ評判④:スタッフに質問しにくい

デジハリの教材やアドビを使えるのは良いです。でも分からなくて質問をしたらググればかり言われるので、怖くて聞ける雰囲気ではなかったです。GoogleMap

スタッフに質問がしにくいと感じられたようです。

ある程度自分で調べてみるのは就労後も必要なスキルのひとつです。

ただ、怖いと感じてしまうと、なかなか聞いてみようと思えなくなるかもしれませんね。

悪い口コミ評判⑤:対等な立場で関わってくれない

いろいろ賛否ありますね。残念だけど障がい者への理解がない、上から目線で対応するスタッフがいる事務所があるのは事実です。無資格でも職員になれるので、そういう人材はいますし、もちろんそうでない職員さんもいるでしょう。またWEBなどの学びは、自学自習くらいに考えた方がいいです。紹介記事と実態の違いが大きいです。同じコンセプトの事業者は複数ありますから、時間がかかっても他と比較して納得して決めたほうが良いと思います。自分の人生ですから。GoodCode 

対等な立場で関わってくれていないと感じられたようです。

上から目線だと感じてしまうと、相手からの言葉を受け入れにくくなりますよね。

スタッフと関係を作っていくには、一定の時間が必要でしょう。

atGPジョブトレの悪い口コミ評判のまとめ

atGPジョブトレの悪い口コミ評判は以上の通りです。

主にatGPジョブトレのスタッフの対応に関する不満が多かったようです。

利用者の中には、障害を受け入れて貰えていないと感じられる方がいらっしゃいました。

障害は病名だけでなく、個人によって違いがあります。

障害ではなく自分が受け入れて貰えないと感じて、通所が難しく感じられたのでしょう。

スタッフに積極的に関わって自分を知ってもらうのも大切ですね。

 

atGPジョブトレを利用した人の良い口コミ評判をお伝えします!

atGPジョブトレの良い口コミ評判を7つお伝えします。

atGPジョブトレを利用した方の生の声をひとつずつお伝えしますので、最後まで確認してくださいね。

良い口コミ評判①:ピアサポートが得られた

事業所見学、体験通所5日間を経て、9か月通所後、就職しました。プログラム内容や支援職員の方々のサポートだけでなく、ピアサポートを大事にする場であることが、よかったです。GoogleMap

ピアサポートとは、利用している参加者同士の助け合いのことです。

atGPジョブトレでは、同じ症状に困った方が利用しています。

そのため、他の方の困り感に共感したり、お互いに励まし合うこともできるでしょう。

スタッフの方以外からの学びが出来るのは、atGPジョブトレのメリットと言えますね。

良い口コミ評判②:しんどい時に離れるスペースがある

ワンフロアで見通しがいい反面、人が多いときに感覚過敏があると、事業所内にずっといるのがしんどいこともありますが、自ら申告して別室に移動したり休憩をとるなど、就職後にも必要なスキルなので、よい練習になりました。GoogleMap

メンタルに不調がある方は、体調に波があります。

調子が安定しない時に、別室で休憩が取れるのは安心ですね。

自分から「ツラいです。」と言うのは難しいかもしれませんが、就職後の練習としては大切でしょう。

良い口コミ評判③:考え方を変えることができた

私はこちらに通って、スタッフの皆さんと出会って、とても大きな気付きがありました。こちらのスタッフさん達は、障害に配慮した上で、ひとりの社会人として、ひとりの人間として私に接してくれました。時には厳しく感じることもありましたが、でもそれは、障害だから仕方ないと諦めてる自分自身と向き合う為の言葉だと気がつき、私は考え方を変えることが出来ました。そして今は、障害者採用で自分らしく働けています。利用者と真面目に向き合ってくれるとても良い場所だと感じます。GoogleMap

スタッフからの言葉をきっかけに考え方を変えることが出来たようです。

時には厳しいと感じる言葉を、自分の成長のためと考えて前向きに考えていますね。

考え方を変えるのは簡単ではありません。

しかし、atGPジョブトレに通う中で、考えを変えるきっかけづくりが得られたのは素晴らしいですよね

良い口コミ評判④:不安があってもなんとかなる

「どうにかしたいと思っている」という気持ちが少しでもある人には、成長できる機会は沢山あると思います。学べる機会もたくさん用意してくれてます。本人の意思を尊重した上で、社会人として大人として真面目に職員さんが向き合ってくれるので、不安があってもやる気があればなんとかなると思います。GoogleMap

どうにかしたいけれど、どうしたら良いか分からない。

そんな不安を抱えた方でも、なんとかなると考えられたようです。

自分ひとりで悩んでいる人にとって、atGPジョブトレは多くの学びの機会が得られそうです。

良い口コミ評判⑤:長く働く基礎づくりができる

うつ病などの精神ストレスに対して長く働く為のストレスマネジメントやグループワーク。PCスキルの再勉強等、長く働く為の基礎を作る為に学ぶのであれば私はここをお薦め致します。卒業後のサポートなどもしっかり受けられます。大切なのは受け身で学ぶので有れば薦めませんが、自身をうつ病で精神ストレスと上手く付き合う方法を学んで行きたいのと向上心、焦らず体調管理など学んで行くのであれば私はここをお薦め致します。GoogleMap

病気や障害がある方にとって、仕事のスキル以外にも学ぶべきことは多いでしょう。

atGPジョブトレでは、ストレスマネージメントやグループワークなど幅広い学習の機会があります。

じっくりと時間をかけて就労を目指したい方にはおすすめの場所と言えるでしょう。

良い口コミ評判⑥:うつや双極性障害のひとにおすすめ

都内、いえ日本全国で、うつ、双極性対象の障害者就労移行支援事業所の中ではトップレベルの事業者である事は間違いありません。社員、利用者の質高く、就労に繋がる可能性は高いです。プログラムも工夫洗練され運用も素晴らしいです。GoogleMap

うつや双極性障害の方におすすめのようです。

atGPジョブトレでは、障害別にコースが分かれています。

その方の障害に合わせたプログラムを受けられるのが良いと感じられたのかもしれませんね。

良い口コミ評判⑦:PC初心者にもあんしん

6年以上うつ病で引きこもりでした、ここに通いはじめて生活習慣改善はもちろんマイナス思考をプラス思考に変えられました。ストレスマネジメントやビジネスマナーの他、PC研修など実践的な研修もしっかりしています。現に私はPCに関しては初心者でしたし、事務経験もなく社会復帰も年齢的に諦めてましたが就職できました。今は感謝でいっぱいです、合う合わないはあると思いますが見学と体験してみてはいかがでしょうか?GoogleMap

PC初心者の人にも社会復帰ができたようです。

PCの扱いが苦手な人にとって、仕事で求められるスキルを学ぶのは、大変な道のりです。

atGPジョブトレでは、実践的な研修を行ってくれます。

PCに慣れていない人や、スキルのブラッシュアップをしたい人にもおすすめですね。

atGPジョブトレの良い口コミ評判のまとめ

atGPジョブトレの良い口コミ評判をまとめて紹介しました。

うつなどの症状がある人や、スキルに自信が持てない人にもatGPジョブトレは安心して通える場所のようです。

atGPジョブトレの特徴である、症状別コースやスキルアップのノウハウが生かされているようです。

利用者同士の助け合いがあるというのも、atGPジョブトレを始めて利用する方に安心ですよね。

 

結論!atGPジョブトレの口コミ評判からもおすすめの就労移行支援です

atGPジョブトレの口コミ評判を紹介しました。

ネット上で見つかる口コミからは、悪いものと良いものの両方が見つかりました。

スタッフからの言葉が厳しいと、悪い口コミに書かれていました。

しかし、自分の症状や障害特性と向き合う機会として考えられるかもしれません。

atGPジョブトレの良さとして、じっくりと自分の症状理解やスキルの向上を目指せることです。

atGPジョブトレは、同じ症状で悩まれている方と時間をかけながら就労を目指したい人にはおすすめです。

次の章では、atGPジョブトレのデメリットやメリットについてお伝えします。

口コミ評判からでは分からないatGPジョブトレの実態について解説していきます。

まずは、atGPジョブトレのデメリットから確認していきましょう!

 

atGPジョブトレの3つのデメリットを解説します!

atGPジョブトレの3つのデメリット

・利用できる場所が限られている

・バリアフリー環境が整っていない

・交通費や昼食費のサポートがない

atGPジョブトレには上記の通り3つのデメリットがあります。

ひとつずつ紹介していきますので、利用する前に確認しておきましょう。

デメリット①:利用できる場所が限られている

atGPジョブトレのデメリットの1つ目は、利用できる場所が限られていることです。

atGPジョブトレは、首都圏に9か所、大阪に1か所の計10か所の事業所があります。

更に、障害別となると、利用できる場所が限定されます。

例えば、発達障害の専門プログラムを利用したい人は、atGPジョブトレ秋葉原第2(旧リンクビー)、atGPジョブトレ大手町(旧リンクビー・いそひと)、atGPジョブトレ横浜(旧シゴトライ・リンクビー)の3か所です。

お住まいの近くに事業所が無い方にとっては、利用は難しくなるでしょう。

デメリット②:バリアフリー環境が整っていない

デメリットの2つ目は、バリアフリー環境が整っていないことです。

atGPジョブトレの事業所の多くは、ビルの中にあります。

通路や段差などがあるため、車いすを利用される方は不自由を感じるかもしれません。

スタッフの方のサポートはありますが、物理的な制限があります

足に不自由がある方は、事前に問い合わせをしたり、見学会に参加して、利用に問題ないか調べてみるのも良いでしょう。

デメリット③:交通費や昼食費のサポートがない

atGPジョブトレのデメリットの3つ目は、交通費や昼食費のサポートがないことです。

多くの就労移行支援施設は、費用補助がありません。

そのため、atGPジョブトレ特有のデメリットにはなりませんが、経済的な負担はかかります。

atGPジョブトレを利用するためにも費用がかかりますので、経済的に余裕が無い方や、遠方の方には負担が大きいでしょう。

お住まいの自治体によっては、サポートが得られる可能性があるので、相談してみるのもいいですね。

 

atGPジョブトレの5つのメリットをお伝えします!

atGPジョブトレの5つのメリット

・即戦力の事務スキルを習得できる

・障害に合わせたプログラムを利用できる

・就職サポートが充実している

・同じ障害や目的を持ったメンバーと助け合える

・就職後も定着サポートを受けられる

atGPジョブトレには上記の5つがメリットです。

他の就労移行支援には無いサービスもありますので、しっかりと確認しておきましょう。

メリット①:即戦力の事務スキルを習得できる

atGPジョブトレのメリット1つ目は、即戦力事務スキルを習得できることです。

事務系のお仕事は、都心部では求人が一番多い職種です。

これまでに事務の経験が無い人も、実践で使えるスキルを覚えることができます。

発達障害の中には、事務の仕事が苦手だと感じる方も多くいらっしゃいます。

まずは、スキルをしっかりと覚えることで自信を持った就職活動が出来るようになるでしょう。

メリット②:障害に合わせたプログラムを利用できる

atGPジョブトレの2つ目のメリットは、障害に合わせたプログラムを利用できることです。

atGPジョブトレには、うつ病、発達障害、統合失調症、聴覚障害コース、難病コースの5つがあります。

障害ごとに利用者の困り感や、サポート内容が変わってきます。

例えば聴覚障害コースでは、手話、チャット、ブギーボード(筆談)、UDトーク(音声認識ソフト)を使用します。

障害を理解しているスタッフがいることで、利用する方も安心して相談が出来るでしょう。

メリット③:就職サポートが充実している

3つ目のメリットは、就職サポートが充実していることです。

atGPジョブトレを運営するゼネラルパートナーズは、障害者向けの転職エージェントatGP(アットジーピー)もあります。

取引企業は2000社以上という驚きの数!

就職実績も全国平均の約7倍(24.7人)です。

希望する職種や企業への就職相談ができるのは、atGPジョブトレの強みになります。

メリット④:同じ目的を持ったメンバーと助け合える

atGPジョブトレの4つ目のメリットは、同じ障害や目的を持ったメンバーと助け合えることです。

atGPジョブトレは20名の方が参加しています。

それぞれのメンバーは、障害特性が同じなので、困っていることも似てるでしょう。

似た悩みを抱えたメンバーとトレーニングをするので、学びも多くなります。

他の就労移行支援所にも学びの機会はありますが、atGPジョブトレでは、メンバー同士の仲が良いのも特徴です。

励まし合いながら就労に向けてしっかり準備が出来るのが、atGPジョブトレのメリットです。

メリット⑤:就職後も定着サポートを受けられる

atGPジョブトレの最後のメリットは、就職後も定着サポートを受けられることです。

就職を目指すのはもちろんですが、安定して働き続けることが大切ですよね。

atGPジョブトレには、就職が決まった後も最大3年半の定着サポートがあります。

就労後に出てきた問題を顔なじみのスタッフに相談できるのは安心ですよね。

 

atGPジョブトレをおすすめするのはこんな人!

atGPジョブトレをおすすめする人

・障害特性が強く就労に結びつきにくい人

・専門スキルをしっかりと学びたい人

・仕事を始めてからも相談先が欲しい人

・お住まいの地域に事業所がある人

・ひとりで就職活動をするのが不安な人

atGPジョブトレをおすすめする人の特徴は上記の5つです。

それぞれの特徴について紹介しますので、自分に当てはまるか見ていきましょう。

おすすめする人①:障害特性が強く就労に結び付きにくい人

atGPジョブトレは、障害特性が強く就職に結び付きにくい人におすすめです。

atGPジョブトレは、症状や障害特性ごとのプログラムがあることが特徴です

例えば、コミュニケーションスキルやタスク管理は、多くの発達障害の方の苦手な面だと言えます。

ソーシャルスキルトレーニングなども用意されていますので、atGPジョブトレは学びの場として利用できますね。

おすすめする人②:専門スキルをしっかりと学びたい人

atGPジョブトレは、専門スキルを学びたい人におすすめです。

就労をするには一定のスキルや経験が必要です

atGPジョブトレでは、事務職に必要な電話対応やビジネス文書の作成方法などを学ぶプログラムを用意しています。

atGPジョブトレIT・Webは、ITやWeb関連の業界を目指す人のために、スキルを学べる場所です。

目的に合わせた専門スキルを身につけられる良い機会になるでしょう。

おすすめする人③:仕事を始めてからも相談先が欲しい人

atGPジョブトレをおすすめする人の3つ目は、就労後のサポートが欲しい人です。

就職に成功しても、安定して仕事を続けられるのか不安があるかもしれません。

過去に何度も就労が失敗した方なら尚更です。

atGPジョブトレでは、就労後も3年半の定着サポートがあります。

就労後の悩みを相談できる場所を希望される方にはおすすめです。

おすすめする人④:お住いの地域に事業所がある人

atGPジョブトレの事業所が近くにある方には是非おすすめしたいです。

atGPジョブトレは、都内及び関西地域に展開しています。

遠方からの利用も可能ですが、週5日通い続けるのは負担が大きいかもしれません。

通える範囲にatGPジョブトレがある方なら、通所を検討してみるのも良いでしょう。

見学会なども開催されていますので、自分の行きたい事業所に一度行ってみるのもいいかもしれませんね。

おすすめする人⑤:ひとりで就職活動をするのが不安な人

atGPジョブトレをおすすめする人は、ひとりで就職活動をするのが不安な方です。

自分ひとりで職場を探したり、自分に必要なスキルを学ぶのは大変です。

さらに、就職活動がなかなかうまくいかない時、ひとりでストレスを抱えてしまうかもしれません。

atGPジョブトレには訓練された専門スタッフがいます。

同じ目標を持った利用者もいるので、お互いに励まし合うことも出来るでしょう。

ひとりで就職の準備をしていくのが不安な人には、atGPジョブトレはおすすめです。

 

atGPジョブトレをもっと知りたい?まずは見学会に行ってみよう!

atGPジョブトレをもっと知るには、見学会に参加するのもひとつ。

実際に体験をしたり、スタッフに相談してみることで、疑問点や悩みなどが解消されることもあります。

具体的な手順ごとに8枚の写真で説明しますので、確認しながら進めてみましょう!

ステップ①:見学会のボタンをクリック

公式にある、【無料 お問合せ・見学相談予約】のバナーをクリックします。

ステップ②:自分に合っているコースを選ぶ

自分が通いたいコースを選択します。

ここでは、発達障害コースを例に紹介します。

ステップ③:コースに合った事業所を選択する

コースの次に事業所を選択します。

コースによってはいくつかの教室がありますので、通いたい事業所をクリックしましょう。

ステップ④:見学・個別相談予約をクリック

見学・個別相談予約をクリックしましょう。

ステップ⑤:見学会の方法や希望日時を入力

atGPジョブトレの見学会は、オンラインか事業所を選択できます。

ご希望に合わせて選びましょう。

希望日時も選べますので、あなたの予定に合わせて日時や方法を設定しましょう。

ステップ⑥:簡単なアンケートに答える

簡単なアンケートに答えます。

atGPジョブトレを知った場所ですね。

もしこちらの記事からでしたら、ブログをチェックしましょう。

ステップ⑦:個人情報を入力

最後に個人情報の入力をします。

ステップ⑧:入力終了

入力終了です。

すぐに自動メールが届きます。

具体的な見学会の日時は、担当者より連絡が入りますので調整してくださいね。

簡単8ステップですぐに申し込みは可能です。

atGPジョブトレを一度見学して、あなたにあった場所かどうかチェックしましょう!

 

atGPジョブトレについての良くある5つの質問にお答えします!

atGPジョブトレについて、良くある質問を5つお答えします。

atGPジョブトレを利用する前に、気になるポイントをチェックしてみましょう!

Q1:障害や年齢などの制限はありますか?

A1:障害や年齢の制限はあります。

精神障害、発達障害、聴覚障害、難病などの障害がある方が対象です(障害者手帳は必須ではありません。医師の診断書や通院の有無によって自治体が判断します。)。

18歳~65歳までの方が通うことが出来ます。

Q2:事業所にはどれぐらいの期間通えるの?

A2:事業所の利用は最大2年です。

就職が決まれば、卒業となります。

atGPジョブトレは、就労後も最大3年半のサポートがあります。

就労後の悩みも相談できるから安心ですね。

Q3:退職を予定しています。退職する前に見学は出来ますか?

A3:退職する前の見学はOKです。

退職後のキャリアについても相談が出来ますので、個別相談・見学会に参加してみてください。

Q4:通所から就職までどれぐらいかかるの?

A4:人によって違います。

その方の体調やスキル、希望する職種とのマッチングなどによって変わります。

atGPジョブトレは最大2年利用できますので、じっくりと就労準備をしていきましょう。

Q5:就活をするか、就労移行支援を利用するか迷っています。

A5:個別相談を利用しましょう。

atGPジョブトレを運営するゼネラルパートナーズは、障害者向けの転職エージェントatGP(アットジーピー)もあります。

就職活動と就労移行支援事業を併用して利用できます。

 

atGPジョブトレの口コミと評判についてまとめ

この記事のまとめ

・atGPジョブトレは都内や関西圏にある就労移行支援

・atGPジョブトレには症状別のコースがあり特性に合わせて学べる

・atGPジョブトレを利用するならスタッフとの関係づくりは大切

・就労後のサポートもatGPジョブトレは3年半利用できる

・atGPジョブトレは転職エージェントと並行利用が可能

以上のような内容でお伝えしました。

atGPジョブトレは、利用者の口コミ評判からもおすすめできる就労移行支援です。

お住まいの近くに事業所がある方は、一度見学会に是非参加してみましょう。

見学は無料です。

まずはatGPジョブトレを一度体験し、自分に合っているか確認してみましょう!

 

-ADHD

© 2022 三杉達也メンタル研究所 Powered by AFFINGER5