ADHD

ミラトレの料金とは?利用前に知っておきたい費用を全て公開します!

ミラトレ 料金

この記事は、ミラトレの料金についてお伝えします。

90%の人がミラトレを0円で利用していると言われていますが、実際には交通費や昼食代など諸経費がかかります。

ミラトレ利用中にかかる諸経費などをケース別にまとめました。

ミラトレ利用前に費用を把握したい人はこの記事を、すぐにミラトレを体験したい方は、以下の公式サイトから無料体験会に申し込みましょう。

ミラトレ利用にかかる料金は、利用料と諸経費!

ミラトレを利用する時に必要な料金をお伝えします。

利用料金以外にも、交通費や昼食費がかかります。

ひとつずつ順番にお伝えしますので、月にいくらぐらいかかるのか確認しておきましょう!

ミラトレの利用料金は0円?年収によって利用金額が変わります!

世帯の収入状況 負担上限金額(月)
生活保護 無料
市町村民税非課税世帯

およそ年収300万円以下

無料
市町村民税課税世帯

およそ年収600万円以下

9.300円
上記以外 37,200円

ミラトレの利用料金を世帯収入別にまとめました。

上記の表からも分かる通り、年収が300万円以下の方は、利用料金が無料です。

ミラトレの公式には、利用者の90%が無料でサービスを利用していると書かれています。

ミラトレ利用者の多くは、収入が無い、または低収入ということですね。

また、ミラトレの料金は、上限額(月額)が決まっています。

600万円以下の方は、月額9,300円以上かかりません。

その為、ミラトレの利用回数が多ければ、お得に利用できると言えます。

ミラトレを利用する前に、世帯収入がどの範囲に入るのかチェックしてみてください。

ミラトレは交通費のサポートはありません

ミラトレを利用する際に、交通費のサポートはありません。

その為、近くにミラトレの事業所が無い方は交通費の負担がかかってくるでしょう。

利用回数が多い方は、定期券を購入してなるべく負担額を減らすのも必要ですね。

ただ、自治体によっては、就労移行支援を利用する方への交通費補助があります。

お住まいの自治体に、交通費のサポートが無いか確認してみましょう!

ミラトレを利用する時の昼食費は自己負担です

ミラトレは、昼食や昼食費のサポートはありません。

その為、お昼ごはんは自己負担になります。

実際に利用される方は、お弁当を持参したり、近くのコンビニで購入する方もいます。

ミラトレは駅から近い場所に事業所がありますので、昼食を取る場所を探すのは簡単です。

ミラトレの利用頻度と一回当たりの昼食費を計算しておけば、出費の計画は立てやすいでしょう。

ミラトレを利用中にお金は支給されません

ミラトレを利用している間は、給与や工賃は支払われません。

ミラトレは就労を目指すための訓練の場です。

その為、就労継続支援事業A型やB型のような工賃は発生しません。

ミラトレを利用中は自己負担になりますので、ある程度生活資金を用意しておく必要があります。

 

実際かかる料金は?ミラトレ利用中の費用を2つのケースで紹介します

ミラトレ利用中にかかる費用(月額)を、2つのケースを基に紹介します。

上記に紹介した通り、その方の世帯収入や利用頻度によって料金は変わってきます。

ミラトレを実際に利用する時の参考にしてください。

ミラトレ利用者の例①:週5日遠方から通うAさんの場合

内容 利用料金 内訳
月額利用料 9,300円 世帯収入が500万
交通費 28,600円 往復1,300円×22日
昼食費 13,200円 600円×22日
合計 51,100円

ミラトレを週5日利用しているAさんのケースを、費用別にまとめました。

月額利用料に加え、交通費などの諸費用がかさんできます。

ミラトレを利用している間は、毎月50,000円を超える出費がかかります。

ミラトレを利用している方の多くは、1年ぐらい利用しているので、60万円(年間)の出費となるでしょう。

必要な出費とは言え、ミラトレを利用するにはある程度貯蓄や、家族の援助が必要になってきますね。

ミラトレ利用者の例②:週5日近くから通うBさんの場合

内容 利用料金 内訳
月額利用料 0円 世帯収入が500万
交通費 8,800円 往復400円×22日
昼食費 0円 お弁当持参(食材費は考慮せず)
合計 8,800円

週5日ミラトレを利用しているBさんの費用を表にまとめました。

月額利用料や交通費などの諸経費がかからないと、10,000円もかからずにミラトレを利用できます。

お住まいの環境や昼食費の違いによって、ミラトレの利用料金は大きく変わって来るでしょう。

 

ミラトレの料金についてまとめ

この記事のまとめ

・ミラトレの利用料金は世帯年収によって0円になる

・ミラトレ利用中の交通費や昼食費は自己負担

・お住まいの環境や昼食費をセーブすればお得に利用可能

以上のような内容をお伝えしました。

ミラトレ利用者の90%が0円で利用しているようですが、交通費や昼食費などがかかります。

お住まいの近くにミラトレの事業所があるのかなどチェックしてください。

月額利用料に加えて、この記事で紹介した諸経費を抑えられれば、かなりお得にミラトレを利用することが出来ますよ。

ミラトレの料金以外に、サービス内容などを詳しく知りたい方は、公式サイトをチェックしてみましょう。

無料見学会も出来ますので、ミラトレのスタッフの方と事前に相談して、利用前に不安材料を解消しましょう!

-ADHD

© 2022 三杉達也メンタル研究所 Powered by AFFINGER5