焚火

ファミリーキャンプは大変!楽しさに変えるたった3つのステップ

ファミリーキャンプ大変

 

最近は、テレビでもキャンプ特集を見かけます。

食材が美味しい季節ですし、キャンプやBBQの楽しい季節になってきましたね。

 

けど、正直大変じゃないですか?

 

ファミリーキャンプ。

 

事前に準備が必要だし、キャンプ場に着いたらテント張って。

夕食は作らないといけないし、翌朝は撤収作業に追われる。

 

なんか面倒くさい。

 

それなら、どっかホテルに泊まった方が快適。

 

せっかくの休みだし、のんびりしたい。

 

そんな人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、ァミリーキャンプを始める前に知っておきたい「大変さ」を紹介

記事の後半では、大変さを楽しさに変えるステップを紹介します

ステップだけ知りたい人は、目次から飛んでみてください。

 

 

この記事を書いている人

焚火歴20年以上の焚火好きカウンセラー。現在は、メンタルクリニックで10年以上臨床心理士・公認心理士として勤務し、年間1200件以上のカウンセリングを通して多くの患者さんの治療に携わる機会があります。週末には、デイキャンプやテントキャンプを楽しむことを大切にしています。

 

ファミリーキャンプが大変な3つの理由

ファミリーキャンプのメリット

 

準備が多い

予測不能で計画通りに進まない

初期投資がかかる

 

それぞれについて説明しますね。

 

ファミリーキャンプの大変さ①:事前準備が多い

 

キャンプをしたことがある方は分かると思いますが、

とにかく事前準備が多くなります。

家から出発前に準備するのに、キャンプ道具だけでも

 

テント/タープ/寝袋/ランタン/テーブル/椅子/焚火台/調理器具/炭・薪/クーラーボックス…

 

それ以外にも、食材の調達や下ごしらえなどもあります。

 

やっと現地に着いたとしても、

 

テントを設営して

タープを立てる

調理器具や焚火台を用意して

食事の準備を始める

 

初めてキャンプをする人がこれを見ると、

 

「え、なんかすごい面倒」

 

楽しそうというより、面倒という気持ちが強くなるでしょう。

※書きながら私も、よくやるよな・・・と思っていたりします(ボソ)

 

すべてがお膳立てされているような旅行と比べると、自分たちが能動的に動かないといけないのがキャンプです。

 

休みの日にゆっくりしようと思っていたのに、その逆に疲れちゃったよ。

 

そんなパパさんの声も聞こえてきそうです。

 

キャンプは、かなり労働力が求められる活動であるということは、知っておいた方が良いだろうと思います。

 

 

ファミリーキャンプの大変さ②:予測が立たない

 

キャンプをしていると、こんなことが起きます。

 

出かけようと思ったら、雨降り。

風が強くてテントを立てるのも必死。

クーラーボックスのビールがぬるい(これが一番堪える)

 

日常生活の中では、時間通りに生活することが多いでしょう。

 

電車の時間も、テレビの時間も、予定通りに進んでいきます。

 

しかし、自然相手のキャンプでは、全てがアバウト。

状況次第でコロコロ変わります。

 

あまりに緻密な計画を立ててキャンプに臨むと、期待通りにならないこともあります

その為、ある程度こころと計画に余裕が大切ですね。

 

 

ファミリーキャンプの大変さ③:初期投資がかかる

 

キャンプを始める為には道具が必要。

 

じゃあ道具を集めるか!

 

ちょっと待ってください。

 

先ほどの用意するリストを参考に、いくらぐらいかかるか見てみましょう。

 

参考例(4人家族)

  • テント:80,000円
  • タープ:1,5000円
  • 寝袋:20,000円(5,000円×4)
  • ランタン:10,000円
  • テーブル:15,000円
  • 椅子:16,000円(4,000円×4)
  • 焚火台:15,000円
  • 調理器具:15,000円
  • 炭・薪:2,000円
  • クーラーボックス 8,000円

 

な、なんと 19,6000円

 

金額はアバウトなものであり、高いものを購入すれば、当然初期費用は高くなります。

 

これを知って、

 

無理だ。やめとこ。

 

そんな風に思った人も多いはず。

 

キャンプをするにはお金がかかります。

 

 

ただ、最初から全てを集める必要は無いと思います。

レンタルなどもありますからね。

 

初期投資がけっこうかかるってことは、覚えていた方が良いでしょう。

 

悩んでる人
ファミリーキャンプやめとこうかな。なんか楽しそうじゃないし・・
いやいや待って待って。ここからが本番!楽しさに変えるステップを教えますよ。
上杉

 

ファミリーキャンプ大変を楽しさに変える3つのステップ

ファミリーキャンプを楽しく

 

簡単な流れ

  • コテージから始める
  • レンタルテントサイトを体験する
  • 徐々に自分好みに仕上げる

 

ひとつずつ説明しますね。

 

ファミリーキャンプなら、コテージから始めてみよう

 

最初は、テントよりもコテージがお勧めです。

 

ログハウス風のコテージでは、雨風もしのぐことが出来ますし、何よりも安心感が違います。

 

テント泊に慣れてくるとあまり気にならないのですが、外で寝ることって、少し不安に感じます。

特に小さい子どもと一緒だと、万が一天災や、動物の襲来(クマが来るのでは!?‥大丈夫ですけどね)などを気にしないといけません。

 

その点、コテージですと、これらの危険を回避出来ます。

 

私の場合も、5回ぐらいはコテージ泊をしました(今でもやりますが)。

 

危険性なども、大事ですが、家族が楽しめることが大切です。

 

いきなりテントは不安って子どもたちも多いはず。

 

まずは、自然の中で過ごすことに慣れていくことを目的に、寝床は安全なコテージ利用から始めるのが良いでしょう。

 

 

レンタルテントサイトを試してみる

 

キャンプ場には、全て持ち込んでキャンプをする人以外に、常設のテントを利用してキャンプを楽しむことが出来る場所もあります。

 

常設サイトでは、テントを張る必要が省けます。

 

グッズのレンタルや食材(BBQセット)を購入できる場所もありますね。

 

この頃から、少しずつキャンプグッズが欲しくなります。

ただし、いきなりフルセットで購入するのは避けましょう

 

なぜなら、キャンプを続けるかどうか、まだ未知の世界だからです。

 

最初にギアを全て揃えてから、

 

キャンプやっぱり合わないわ。

 

って感じてしまうと、初期投資が無駄になってしまいます。

 

家に放置されたかさばるキャンプグッズは、

奥さんから白い目で見られ続けます。(ごめんなさい‥)。

 

まずは、試してみてから判断するのが良いでしょう。

 

もし気に入れば、少しずつお気に入りギアを購入していくのも良いでしょう。

 

実際にレンタルしたものが良ければ、購入しても良いですしね。

 

 

キャンプの大変さから、徐々に自分好みへ

 

何度も行くようになれば、テントの購入を考えましょう。

 

様々なテントがあり、迷うこともあると思いますが、

 

最初は、定番のコールマンが良いかなと思います。


機能性・広い空間・一人でも立てられるなど、ファミリーにはピッタリのテントです。

年々グレードアップした商品が紹介されています。

 

因みにうちは、ヤフオクで中古品を購入。定価の6割程度で購入できたのですが、今でも現役で頑張ってくれています。

 

 

ここまで来ると、職場でもどや顔出来るレベルです。

 

自己紹介でも、

 

「週末は家族とキャンプですね。やはり都会の喧騒から離れた場所に、自らを置くって、大切なんですよね。はい。」

 

などと、言えてしまいます。

 

周りの目が変わりますよ。

 

 

ファミリーキャンプは大変。でも、少しずつ楽しくなる。

ファミリーキャンプを楽しもう

 

この記事では、ファミリーキャンプの大変さと、楽しく始められる方法を紹介しました。

大変なことは沢山あります。

けれど、それ以上の喜びを感じさせてくれるのが、ファミリーキャンプです。

それぞれの予算や経験値を積みながら、あなたに合ったファミリーキャンプを見つけて行って下さい。

 

こちらにはメリットいっぱい書いてあります。

ファミリーキャンプのメリット
40代から始めるファミリーキャンプ4つのメリット【初心者必見】

  週末はどんな風に過ごしていますか?   お休みだから、昼過ぎまで寝ている 自分の趣味の時間に当てている 家族と一緒に過ごす   それぞれの過ごし方があるでしょう。 & ...

続きを見る

 

今後こちらの商品のプレビュー書きますね。

 

-焚火

© 2020 上杉哲也メンタル研究所 Powered by AFFINGER5