カウンセリング

過去の事実は変わらないけれど捉え方は変わる【臨床心理士からのヒント】

 

カウンセリングをしていると、

 

「過去の話をしても、過去は変えられないから意味がない。」

 

そんな風に言われることがあります。

 

まったくその通り。

 

過去の事実は、変えられません。

記憶を完全に消し去ることも出来ません。

 

では、何ができるのか?

 

 

過去の捉え方が変えられます。

 

 

ある人が過去に引きこもっていました。学生時代から10年間。長い時間です。

 

 

けれど、彼は一念発起してプログラミングの勉強をし、

いまや月100万ほど稼ぐ人になりました。

 

この人は、引きこもりの時代を振り返り、

 

「あの引きこもりの時代があったからこそ、今がある。」

 

そんな風に過去を捉えることができます。

 

 

一方で、別の人は、同様に10年間引きこもりの生活を送っていました。

 

その人は、学歴も無く、仕事の経験も少なかったため、今でもアルバイトを掛け持ちしながら、日銭を稼ぎながら生活をしています。

 

引きこもりの時代を振り返り、

 

 

「あの時、引きこもってなければ、こんな人生じゃなかったのに。」

 

 

そんな風に過去を捉えています。

 

 

 

この二人にとって、「引きこもった10年間」って全く捉え方が違っています。

 

あの時代があったから今がある。

 

言葉は同じですが、ポジティブにもネガティブにもなっています。

 

今のあなたの生活が、より自分の夢に近づいていれば、

 

過去は苦しくても、良かった過去になります。

学びの時間だったと考えることが出来ます。

 

 

 

一方で、自分の夢とは、かけ離れていると、

過去は悪かった経験になります。

 

 

過去を規定しているのは、「今のあなた」です。

 

今のあなたがどのように生活をしているかによって、変わってくるのです。

 

過去に捉われ、縛られた生活を送っているとしたら、過去は過去にならないでしょう。

 

けれど、一歩前に進むことで、過去と距離を取れるようになります。

 

 

そんな簡単なことではない。

 

 

まったくその通りです。

 

 

けれど、出来ないことはありません。

 

少しの勇気を持てば出来ることがあります

 

失敗を恥ずかしいと思わず、

 

今という時間を丁寧に、

 

コツコツと積み上げていくことで、

 

過去は過去となり、

そして、意味のある過去になるのです。

-カウンセリング

© 2021 上杉哲也メンタル研究所 Powered by AFFINGER5