メンタルクリニック通院手引き

自助グループのメリットとデメリット(アダルトチルドレン)

自助グループ

 どこか一日中疲れている。今日こそは家の片づけをしようと思っていても、気が付いたらベッドの上から動けない。家族は仕事に出かけたり、家事をしたりと忙しく過ごしているのに、自分は何も出来ない。そんな自分には価値が無い、だめだって自分を責める気持ちばかり。

 メンタルクリニックのDrからは、うつ病だと診断され、沢山の薬を飲むように言われた。そして、うつ病になる背景には、自分が元々子供らしく過ごすことが出来なかった家庭環境があったからだろうと言われた。ひどかった母親のようにはならないぞと一生懸命に良い家庭を作ろうとして頑張っていたら、気が付いたら自分は全く動けなくなってしまった・・・

 本屋さんで、アダルトチルドレンという本を見つけた。それを読んでいたら、まるで自分のことが書いてあるのかと思った。そして、なぜか分からないけれど涙が止まらなかった。自分だけではないのか、こういう家庭に生まれた子って。

 アダルトチルドレンという言葉があることを知って、自分はその人たちが集まってお話をする自助グループという場所に参加した。そこでは、それぞれが自分の苦しかった過去について語り、そして皆で涙を流して受け止めていた。自分のことを話をすることは難しいことだけれど、話し始めると止まらず、気が付いたら自分の父親がアルコールを飲むと乱暴になること、陰で姉からいつも叩かれていたこと、そして誰にも相談できず、ひとりでずっと泣いていたことなどを話していた。

 周りの人たちは、静かに話を聞いてくれた。そして、「辛かったんだね。良く頑張ってきたね。」と声をかけてくれた。 

 生まれてきて初めて自分が、頑張ってきたんだ・・って気づくことが出来た瞬間だった。

~ある女性の物語~

■自助グループとは?

 

 同じ問題や環境を経験した人同士が、お互いに支え合う形で援助をする集団のことを指します。日本では、上に挙げたようなアダルトチルドレンと呼ばれる、元々の生活してきた家庭環境により、今の生活を苦しんでいる方たちのグループや、アルコール依存症、摂食障害など様々な団体があります。同じ課題 や環境を体験した人たちだからこそ共有できる時間が、安心感や自己肯定感に繋がります。それは、医者と患者さんのような、上下関係ではなく、横(または斜め)の関係によって成立するものであり、地域生活を送る上で、とても重要な支えの1つとなっています。

■自助グループのメリット

自助グループメリット

◎仲間の存在そのものが孤立感を軽減する

 上に挙げた例のように、自分に起きている感情や体験は、自分だけであると考えてしまうことがあります。その結果、自分を過度に責めてしまうことや、孤立感を抱きやすいことに繋がります。他にも同じような体験をしている人がいること、今の感情は、当然の感情であると分かるだけでも安心できるでしょう。

◎安心して感情を吐露できる場

 自分の気持ちを話すことをしてはいけないと抑えていたかもしれない。または、「自分には平気。大したことない」と考えようとすることもあったかもしれません。けれど、自分の体験を話すことを通して、自分でも気づかない感情に気づくこともあります。そして、そのような感情に気づき、認められるようになることは、回復する上で必要なプロセスの一つとなります。

◎自尊心が高まる場

 普段周囲からサポートしてもらう側ばかりに立っていると、自分は周囲に迷惑をかけている存在だと感じ、自分の存在を否定的に捉える傾向が強くなります。しかし、自分の体験が、他の人の役に立つことを知ると、「こんな私でも人の役に立てるという実感」を持てることが自尊心を取り戻し、回復に役立ちます。

■自助グループのデメリット

◎時間がなかなか取れない

自助グループの活動方法にもよりますが、定期的な集まりに参加することになります。グループ活動の時間を日常生活に取り入れることが、難しい場合もあります。また、運営に関して、参加者同士が役割を担っている所も多く、日々の活動以外の広報やイベント、他のメンバーへの連絡調整などをサポートすることを担うと、少し負担を感じてしまうこともあるかもしれません。

②自助グループ内の人間関係の難しさ

 似たような体験同士のメンバーが集まることで、どうしても人間関係が近くなる場合があります。その近い関係性によって、信頼関係や安心感を得られるといったプラスはありますが、人によっては、「この人は自分の気持ちを分かってくれるはず」と、相手から過剰な期待を持たれることもあるかもしれませんし、その逆で、期待をしてしまうこともあるでしょう。

■最後に

自助グループまとめ

 自助グループには、様々なグループがあります。同じ体験(厳密にはそれぞれの方の体験は、特別であり、一緒だとくくれないものです)をした人同士が集まり、そして語り合いをしていくことを通して、人への信頼関係や安心感、そして自尊心を回復していくことを目指します。自助グループのような場所は、メンタルクリニックでお薬を飲むことで治療できる範囲を超えています。そして、症状を回復させるといった目的より、更に深い部分で、自分が癒されていくという体験を通して、今の生活やこれからの生活の安定を図ることが出来るようになるでしょう。

※文内に紹介した女性の事例は、いくつかの話を組み合わせた架空の話であり、特定の人物をご紹介したものではありません。

-メンタルクリニック通院手引き

© 2020 上杉哲也メンタル研究所 Powered by AFFINGER5