メンタルクリニック通院手引き

メンタルクリニックの主治医が嫌だな、でどうする?

やっとメンタルクリニックに通院はスタートしたけど、ちょっと今の主治医は嫌だな・・

そんな時に、

我慢したまま通院した方が良いのか。それとも、さっさと別の病院を探してみた方が良いのか。

悩むこともあると思います。

嫌・・・じゃあDrに会いたくないし、行くの辞めようという判断は、体調を崩してしまうきっかけになるかもしれません(薬の離脱作用がある場合、突然内服を辞めてしまうことで、症状悪化に繋がることもあります)。

ここでは、主治医が嫌だなと感じた時の対応について、3ステップで紹介します。

3ステップ

  • まず何が嫌なのかを整理する
  • 同じ病院の別Drに代わる
  • 紹介状を作成してもらい、別のクリニックを探す

ひとつひとつ説明します。

①まず何がいやなのかを整理しよう

・薬の効果を感じにくい・なかなか良くならない

→薬の効果はすぐに出ない場合が多いです。うつ病に使われる「抗うつ薬」は、基本的に効果を感じ始めるまでに、2週間以上かかることが通常。副作用がある場合なども含めて、最初は自分に合った薬を見つける所から始まります。主治医にお話ししてみるのも良いでしょう。また、効果を感じにくいとしたら、別の治療法として、カウンセリングが利用できるとしたら、そちらを利用するのもありかもしれません。

・あまりうまく話せない

 →自分が伝えたいことが上手に伝えられないことも。「体調どうですか?」と聞かれた時に、本当は「薬の効果か、寝つきは良くなったんですが、夜中に目が覚めてから、なかなか寝られないんです。」などと説明しようと思っていても、「大丈夫です」としか言えなくなってしまうことも。

その場になると、言葉が出てきにくくなることもあるとしたら、事前に最低限伝えたいこと(多くて3点。一度に沢山書いて持っていくと、適当に流されてしまうこともあります)をまとめて、それをDrに見せるのも良いかもしれません。

②同クリニックに複数の医者がいる場合は、受付スタッフなどに、Dr変更の相談をする

 相談をしても、なかなか改善が見られない時には、別のDrに変更するのも手です。他の病院に行くとなると、多くの場合、初診予約まで1か月以上かかることはざら。そして、紹介状が必要など色々と手間が出てきます。それなら、通っているクリニックに別のDrがいるようなら、その中でDr変更をお願いするのも手です。新たに探す必要も無いですから、手間もかかりません。

 ただ、「Dr変更をお願いしたいんですけど」と、今の主治医にはなかなか言い出しにくいですよね。そんな場合は、クリニックの受付スタッフや相談員などに、相談をしてみるのも手です。主治医とあなたの間を取り持ってくれるケースも多いです。もし、カウンセリングを利用している場合は、カウンセラーに相談することも良いでしょう。

 注意点としては、もし同じクリニックでDr変更をした場合、元のDrの所に再度戻ることは難しいでしょう。その為、もう今のDrには戻らないつもりでご相談ください。

③紹介状をもらって、別の医療機関を探す

新しい医療機関を利用する為には紹介状が必要な場合が多いです。紹介状(診療情報提供書)をもらうことのメリットとして、これまでの治療経過を知ってもらうことで、新しいドクターにも、その延長として治療を進めてもらうことが出来る(これまでに効果が無かった薬や、逆に体調を崩した薬なども記載してもらうことが出来ます。もちろん自分でまとめておくことも大事ですが)

また、紹介先のクリニックが決まっていない場合は、宛先なしの紹介状もありです。

「引っ越しをする」「診察時間に間に合わない」など理由をつければ、最もらしい言い訳になると思います。紹介状を出さないという医療機関はありません。遠方の場合でも、電話対応をしてくれるクリニックが多いと思います(紹介状作成に、保険がきかない場合はあります)

まずは、自分がどうして嫌だと感じているのかをまとめ、可能であれば主治医の先生と、その点について相談が出来ると良いと思います。それが難しければ、院内の別Drへ。それが難しい場合は、紹介状を貰って別のクリニックを探すのも良いでしょう。

-メンタルクリニック通院手引き

© 2020 上杉哲也メンタル研究所 Powered by AFFINGER5